ぶどう狩りにレジャーシートを持って行ったほうがいい?

スポンサーリンク

ぶどう狩りに行きたい!と、思ったことはありませんか?

でもどんな物を準備しておくべきか、初めてだと分からないこともあると思います。

今回はぶどう狩りに行く時、持っていくと便利なものをご紹介します。

スポンサーリンク

特に準備していく物はない?

ぶどう狩りに行って、もぎたてのぶどうを食べたい!という方もいると思います。

ぶどうの木から、自分で収穫して食べることができますし、もぎたてのぶどうは、とてもおいしいです。

ここで…
いざぶどう狩りに行こうと思ったけど、準備する物はあるのか、特に初めて行く方は気になると思います。

ほとんどのぶどう農園で、剪定ばさみ、かごなどは貸してくれます。

そのため特に準備していく物はないといえば、ないんですけどね。

でも持っていくと便利な物はあります。

農園によって異なるので、中には持ち込みが禁止されている物もありますが…
服装や靴などを含めて、おすすめしたい物を書きたいと思います。

スポンサーリンク

レジャーシートは必要?

ぶどう狩りに行った時、持ってくれば良かった…と思った物があります。

それはレジャーシートです。

私が行った農園では、ぶどう畑にレジャーシートを敷いていた方々が結構いました。
ぶどう畑の中ではありませんが、隅にスペースがあったので…。

実際にぶどう狩りをしてみると、あると便利だなぁと思いました。

ぶどうを収穫して、レジャーシートのほうまで持ち込み、座ってすぐ食べることができるからです。

持っていなかった私は、仕方なくしゃがんで食べたので…
「ああ、持ってくれば良かった…。」
と思ったものです。

この日はスカートを履いていましたし、食べているとき、体勢が崩れそうになったりと、結構大変でした。

特に暑い日は日陰を見つけて、レジャーシートを敷き、もぎたてのぶどうを食べるのがおすすめです。

ですが、農園によってシステムは異なります。
受付とぶどう畑が近く、テーブルと椅子が準備されていれば、必要のない場合もあります。

事前に農園に確認してみるか、荷物にならなければ持っていくと良いかな、と思います。

おしぼりは?

ぶどう農園には、トイレや手を洗える場所はあります。

ですが、ぶどうを収穫してすぐ食べる時に、おしぼりがあると便利です。

また何房か食べていると、手に水分がついたりもするので、おしぼりがあるとすぐ拭くことができます。

水道が近くにない場合もありますので、持っていったほうが良いでしょう。

ぶどうが冷えていない!?

私がぶどう農園に行った日は、とても暑かったです。

収穫したぶどうは、少しあたたまっていました。
もぎたてのぶどう自体は、美味しいんですけどね。

主人も…
「できれば冷えてたほうが美味しいなぁ。」
と、言っていました。

クーラーボックスに氷などを入れて持っていき、少し冷やす方法もあります。

梨狩りの時にお手軽な方法で冷やしたお話しです。

参考:梨狩りをして食べる!お手軽に冷やすことは可能?

お弁当はOK?

ぶどう農園の中には、お弁当などの持ち込みができるところもあります。

前述したレジャーシートを敷いて、収穫したぶどうの他に、お弁当も食べながら…というのも楽しいですよ。

ですが許可されていないところもあるので、お弁当持参を希望されている方は、事前にそのようなぶどう農園を選んだり、確認をしておいた方が安心です。

手袋は持っていくべき?

私が行った農園では、手袋の貸し出しはありませんでした。

手袋がなくても、ぶどう狩りはすることができますし、素手でも特に問題はありません。

でも気になる方は、事前に準備しておくようにしましょう。

虫よけスプレーなど

農園ということもあり、虫に刺されることもあります。

虫に刺されやすい、刺されるのが心配…という方は、露出した格好を控えたり、アームカバーなどをつけると便利です。

半袖や半ズボンなどを希望される場合は、虫よけスプレーなどを準備しておくと良いでしょう。

日焼け止め

農園では日焼けがしやすいです。

前述したアームカバーの他に、帽子をかぶるなど、対策をしておくことが大切です。

また日焼け止めを持っていくと安心です。

服装や靴

服装は動きやすい恰好がおすすめです。

私はスカートで行きましたが、ズボンの方が楽かな、と思いました。

またぶどう畑に入るので、できれば運動靴を履いていた方が、歩きやすいと思います。

まとめ

ぶどう狩りに持っていくと、便利な物をまとめます。

・レジャーシート
・おしぼり
・クーラーボックス
・お弁当
・手袋
・虫よけグッズ
・日焼け止めや帽子

服装は動きやすい恰好で、できれば運動靴を履いていると楽だと思います。

持っていくと便利な物を書きましたが、持ち込みについては農園によって異なります。

中には持ち込みができない物もあったりもします。(特にクーラーボックスやお弁当など)

逆に前述した持ち物が準備されている場合もありますので、事前に確認しておくと安心です。

〈関連記事〉
日焼け止めの落とし方は?どうすれば落ちる?メイク落としでも可能?

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする