梨狩りをして食べる!お手軽に冷やすことは可能?

スポンサーリンク

茨城県のかすみがうら市まで、梨狩りに行ってきました。

果物狩りをするとき、冷やして食べたい!と思ったことはありませんか?

冷やして食べる工夫を少し行ってみたので、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

梨狩りの時のおすすめの持ち物

梨狩りも含め、果物狩りはとても楽しいですよね。
もぎたての梨をおいしく食べるために、まずはおすすめの持ち物について書きます。

・レジャーシート
・お手拭き
・カメラ

※飲み物
※お弁当、お菓子など
※ナイフまたはピーラー
※ミニサイズのまな板
※つまようじなど

ぶどう狩りの記事でも書きましたが、レジャーシートやお手拭きは持っていくと便利です。

場所によっては梨畑にテーブルや椅子などはありますが、レジャーシートがあると好きな場所に敷くことができますからね。

また近くに水道があったとしても、お手拭きはお手元にあると便利です。

参考:ぶどう狩りにレジャーシートを持って行ったほうがいい?

スポンサーリンク

果物ナイフやピーラー、まな板は必要?

上記の※印は農園によって異なる持ち物です。

飲み物や食べ物などの持ち込みについては、許可されている場所もあればそうではないところもあります。

最近は持ち込みOKという場所も多いですけどね。

むいた皮を入れるバケツや果物ナイフ等は、貸してくれるところが多いです。

でも実際に行ってみましたが…
果物ナイフ、ピーラーは持っていったほうが良いかな、と思いました。

というのは…農園によって、使い捨てナイフのところもあるので、ちょっとカットしにくいかな、と感じた時もありました。

通常の果物ナイフより、安全面という点では安心感はありますが…。

皮をむいてから、かぶっと食べたい時は、ピーラーのほうが適していると思います。

まな板もあるとカットしやすいので、レンタルできない場合は持参していくと便利です。

いずれにしても持ち込み許可などは農園によって異なるので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

それでは次に冷やす道具について、お話しします。

お手軽に梨を冷やしてみた

果物狩りはとても楽しいですが、果物によっては冷やして食べたほうがもっと美味しいかな、と思う時もあります。

ぶどうの他、梨もそうですよね。

そのまま食べるのも梨狩りらしくて良いのですが、できれば冷やして食べたい!と思ったので、ちょっと工夫してみました。

マイカーならクーラーボックスを持って行っても良いですが、ちょっと荷物になると思う時もあります。

なのでもっとお手軽な方法を考えてみました。

冷たい水を入れた水筒、凍らせたペットボトル、ボールを持参して、こんな感じで冷やしてみました。

水筒に氷をいれても、時間が経つととけてしまいますが、冷たい水になります。
魔法瓶の水筒なら、そのまま冷たさをキープできます。
(水自体も事前に冷蔵庫で冷やしておきました。)

これをボールに入れ、さらに凍らせたペットボトルを入れて梨を冷やしてみました。

冷蔵庫で冷やしたような冷たさではありませんが、少し冷たくなったので美味しくいただくことができました。

写真のように収穫した梨をそのままボールに入れても良いですが、皮をむいてから梨をひたすようにすると、もっと冷たい状態で食べられます!

まとめ

水筒に入れた冷やした水、凍らせたペットボトルをボールに入れて、収穫した梨を冷やしてみました。

冷蔵庫で冷やした梨…とまではいきませんが、少し冷たい状態で食べることができました。

少しひんやりさせたい時は、これでOKだと思います。

冷やす方法はいろいろあると思いますが、お金をかけず、お手軽に行えると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする