国立故宮博物院での服装は厳しい?サンダルはOK?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台北観光で人気の観光スポット、国立故宮博物院。

私も台湾へ旅行をした時に行ってきました。

今回は主に国立故宮博物院の服装、持ち物、注意点などについて書きます。

スポンサーリンク

館内はとても広い!

台湾に行ったら、国立故宮博物院に行きたい!という方は多いと思います。

私が国立故宮博物院に行った日は雨。

でも屋内なので、雨でもゆっくり観光することができます。

館内はきれいで、とても広い!!!

ゆっくり見るなら、半日かかるのでは?と、思ったくらいです。

特に人気の作品は、「翠玉白菜」や「肉形石」

この日は残念ながら、肉形石は別の場所に展示されているということで、見ることはできませんでしたが、翠玉白菜はありました!

国立故宮博物院の代表作ということもあり、たくさんの観光客の方が集まって、写真を撮っていました。

スポンサーリンク

展示物の前では…

館内ではところどころに、スタッフが立っていますので、分からないことがあったら聞くことができます。
(作品の場所など…)

主人と話していたら、近くにいたスタッフが指をたてて、

「しーっ!」

少し声が大きかったかな。

でもそうですよね。

特に展示物の近くでは、静かに鑑賞することが大切です。

服装は厳しい?

翠玉白菜や肉形石のような、ユニークな作品もありますが、厳かな展示物もありました。

なので服装が気になる方もいると思います。

海外の宮殿などでは、服装が厳しいところもありますが…

国立故宮博物院では、それほど厳しい、というわけではなかったです。

主人はTシャツに短パン、サンダルという服装でしたが入館できました。

ラフな格好の方も結構いましたね。

とはいえ、不適切な服装はご遠慮…と注意事項にも記載されているので、極端な服装は控えたほうが無難です。

サンダルといっても、ビーチサンダルは控えたほうが良いと思います。

館内に持ち込めない物もある

また館内に持ち込めないものもあります。

(前略)
リュックサック、旅行カバン、スーツケース(A3サイズを超える身の回り品)などは手荷物一時預り所にお預けください。当博物院は必要時に安全検査を行うことがあります。
(後略)

引用元:国立故宮博物院ホームページ 注意事項

https://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?
sNo=02007005

ですが荷物を預かってくれる場所はあります。

ちなみに館内では三脚、自撮り棒での撮影は禁止されています。

私はデジカメに三脚をつけて入館しようとしたので、

「バッグの中にしまってください。」

と、言われました。

預けてください、とまでは言われなかったですが、館内ではフラッシュ撮影はできないので、注意してください。

まとめ

台北の国立故宮博物院では、ユニークな翠玉白菜や肉形石などが見学できる、人気の観光スポットです。

雨の日もゆっくり観光できますし、館内はとても広いです。

主人はTシャツ、短パン、サンダルという服装でしたが、入館できました。
ですがビーチサンダルなどは控えるなど、ほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

またスーツケースなど、大きな荷物を持って入館することはできませんが、荷物を預かってくれる場所やロッカーはあります。

<関連記事>
国立故宮博物院のカフェへ!人数分注文する必要も!?

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする