国内線でのペットボトルは瓶や水筒、開封した物を持ち込める?

スポンサーリンク

今回は国内線のペットボトルの持ち込みについて、お話します。

瓶や水筒、開封した飲みかけの飲み物もOK?機内で水分摂取が大切な理由は?など…いろいろ書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

国内線ならペットボトルは機内に持ち込める!?


以前は国際線のペットボトルの持ち込みについて書きました。

国際線は液体の持ち込み制限があるので、ペットボトルをそのまま機内に持ち込むことはできません。
(例外はあります。)

すると今度は国内線も同じく、そのまま持ち込むのは無理?と思うことも…。

ですが…

国内線では機内にペットボトルを持ち込むことは可能です。

スポンサーリンク

持ち込む時の制限は?不可の物もある?

ペットボトルの持ち込みは可能といっても、いろいろな制限があるのでは?と思いますよね。
でも水やジュース、スポーツドリンクなど、そのまま持ち込むことは可能です。
国際線も条件を満たせば、飲み物も持ち込むことはできますが、いろいろ細かいこともあるので、これに比べるとかなり楽です。
ですがお酒については条件があります。

■アルコール飲料
機内持ち込み・お預けともに可
※アルコール度数が24%を超え、70%以下のものは、お一人様5リットルまで

「JAL Q&A詳細 国内線/手荷物より引用」

このような条件があるので注意してください。

瓶や水筒に入った飲み物は機内に持ち込み可能?

ペットボトルではなく、「瓶」に入った飲み物なども持ち込めるの?
…と今度は思ってしまいます。
例えば栄養ドリンクのような飲み物など。
ペットボトルのように蓋があるので、持ち運びがしやすいですよね。

結論を言いますと…国内線では瓶などに入った物も基本的に持ち込むことができます。
また「水筒」も持ち込むことは可能です。

手荷物検査のチェックについては、後程お話ししたいと思います。

開封した飲み物でも検査はすぐ通る!?

持ち込めるといっても、未開封の物だけでは?と思いがちですが…
既に蓋を開けてしまった、飲みかけの飲み物でも、問題がなければ持ち込むことは可能です。

私も沖縄の空港で飲んでいたシークワーサーを飲み切れず、機内に持ち込んだことがあります。
ですが国内線の場合でも、手荷物検査の検査官が、必要に応じて中身を確認することがあります。
そのため検査の前にバッグから飲み物を出して欲しい、となっています。
未開封であっても出しておき、検査を通しましょう。

未開封の場合は、ほぼスムーズに通りますよ。
既に蓋を開けて残ったペットボトルなどは、どのような内容か、手に取っていろいろ確認されることもあります。
これはちょっと…という場合は、開けないで持ち込んだ方が良いかもしれません。
水筒の場合もチェックは入りますが、問題がなければ持ち込むことはできます。

国際線での水筒の記事です。
国際線の水筒の持ち込みはOK?中身が空なら検査は通る?

機内での水分摂取はなぜ必要?

国内線のフライトはそれほど長くなりにくいですが、機内でも適度な水分を摂取することは大切です。
機内では意識しないと、なかなか身体を動かす機会はないです。
エコノミークラスは狭いですし、次にお話する格安航空(LCC)は、席はさらに狭いです。
トイレも控えてしまいがちです。
すると水分も控えなきゃ…と思ってしまうこともよくあります。
動く機会が少なく、水分を控えてしまうと、血液中の水分量も少なくなり、病気を引き起こすこともあります。

機内でも意識して水分を摂取することは大切だと思います。

私も国内線では、積極的にペットボトルなどの飲み物を持ち込んでいます。
逆に飲み過ぎると、今度はお腹にきたり、トイレに何度も行きたくなることもあるので、あくまでも適度に…ですが…。

海外旅行の水分摂取の記事でも書きましたが、この時も少しずつ飲むようにして、身体に吸収させるようにすると良いと思います。
一般航空会社であれば、飲み物サービスで運んでくれることもありますが、飲み物も限られてしまいますし、手元にペットボトルがあると便利です。

ですが、フライトの時間が短いと、なかなかトイレに行けないこともあるので、状況を考えながら対処することも大切だと思います。

海外旅行中の水分摂取についての記事です。
海外で熱中症に注意!日傘は効果ある?飲み物は何がいい?

格安航空(LCC)の飲み物の持ち込みは?

格安航空(LCC)を利用される方もいると思います。
私も国内線で利用することがあります。
格安航空の機内の飲み物は、基本的に有料です。

また飲み物の持ち込みについても、会社によって制限があるので注意しましょう。
ご心配であれば事前に確認しておきましょう。

国内線でペットボトルをスーツケースに入れてもOK?

国内線ではスーツケースにペットボトルを入れて、預け入れることも可能です。

お土産に瓶に入った飲み物などを買われる方もいると思いますが、破損しやすいので、機内に持ち込んで欲しいとのこと。
ですが国際線の記事でも書きましたが、重量制限には注意する必要はあります。

ANAの場合ですが…

普通席 20kgまで無料

「ANA 無料でお預かりする重さ・サイズ・個数[国内線]より引用」

国際線と違う面もあるので、注意してください。

国際線のペットボトルの記事です。
ペットボトルは機内に持ち込める?国際線では小分けすればOK?

また格安航空(LCC)の重量制限は、一般航空会社と違いますのでご注意ください。

まとめ

国内線ではペットボトルの機内の持ち込みは可能です。
(スーツケースの預け入れも可能)
瓶や水筒に入った飲み物も、基本的にOKです。

でも手荷物検査の時は、バッグから出しておきましょう。
蓋を開けた飲み物も持ち込むことはできますが、中身を確認されることもあります。
未開封の物なら、スムーズに通ることがほとんどです。
また格安航空(LCC)では、飲み物の持ち込み制限がある場合もあります。
機内でも適度に水分を摂取するようにしましょう。

【関連記事】
旅行をする時水筒は便利?国内、海外旅行での活用法は?

飛行機の飲み物はおかわり自由?国内、国際線ともOK?種類は何でも?

記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする